ニュース
» 2021年04月01日 07時00分 公開

リチウムイオン二次電池用セパレータの生産能力を増強工場ニュース

旭化成は、リチウムイオン二次電池用セパレータ「ハイポア」の生産能力を増強すると発表した。宮崎県日向市の既存工場敷地内の設備を増強し、需要増に応える。

[MONOist]

 旭化成は2021年3月15日、リチウムイオン二次電池(LIB)用セパレータ「ハイポア」の生産能力を増強すると発表した。宮崎県日向市の既存工場敷地内の設備を増強し、2023年度上期より稼働を開始する。

 同社グループは、ポリオレフィン製平膜(多孔質材料)のハイポアや「セルガード」など、LIB用セパレータを生産しており、湿式膜と乾式膜の双方を手掛けている。現在の生産拠点は、湿式膜が滋賀県守山市と宮崎県日向市、乾式膜が米国ノースカロライナ州となっており、環境に配慮しつつ積極的に事業を拡大している。

 今回増強するのは、宮崎県日向市にある既存工場の生産施設で、約300億円を投資して、ハイポアの生産能力を年間約3.5億m2に増強する。これにより、同社グループのLIB用セパレータの年間生産能力は湿式膜が約13.5億m2、乾式膜が約5.5億m2、合計約19億m2となる。

 車載向けをはじめ、LIB市場は急速に成長しており、同社では今後も、需要の伸張に応じて生産力の増強を図っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.