ニュース
» 2021年04月02日 08時00分 公開

月額130円から利用可能、法人向けIoT通信回線プラットフォームを提供開始製造業IoT

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは、法人向けIoT通信回線プラットフォーム「MEEQ」の提供を開始した。国内3キャリアのLTE回線やLPWA回線、閉域網構築などの発注、回線の開通、通信量の監視に対応する。

[MONOist]

 ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは2021年3月18日、法人向けIoT(モノのインターネット)通信回線プラットフォーム「MEEQ(ミーク)」の提供を開始した。月額130円(税別)から利用できる。

キャプション IoT通信回線プラットフォーム「MEEQ」の画面イメージ(クリックで拡大) 出典:ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム

 直感的なUIで設計したコンソール画面を備え、IoT向け通信サービスの購入、決済、登録、管理ができる。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの国内3キャリアのLTE回線やLPWA回線、閉域網構築などの発注、回線の開通、通信量の監視が容易に行え、迅速な事業展開を支援する。

 国内3キャリアのデータ通信のSIMを利用する「MEEQ SIM」、閉域網を利用する「MEEQ 閉域ネットワーク」、山間部や高速移動に対応したソニー独自のLPWA通信規格「ELTRES」を利用する「MEEQ for ELTRES」の3サービスを提供する。

 MEEQ SIMでのインターネット接続プランでは、センサーやLTE通信、監視カメラなど各種用途に合わせ、さまざまな料金を設定している。例えば、「定額10MBプラン」は月額130円(税別)、大容量向けの「定額40GBプラン」は月額6800円(税別)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.