ニュース
» 2021年04月06日 07時30分 公開

トヨタGRの第3弾は「86」、スバルとの“もっといいクルマづくり”で開発車両デザイン

トヨタ自動車は2021年4月5日、オンラインイベントでSUBARU(スバル)と共同開発したスポーツカー「GR 86」を世界初公開した。「86」の後継モデルであり、「GR スープラ」「GR ヤリス」に続くGRシリーズの第3弾となる。日本での販売は2021年秋を予定している。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2021年4月5日、オンラインイベントでSUBARU(スバル)と共同開発したスポーツカー「GR 86」を世界初公開した。「86」の後継モデルであり、「GR スープラ」「GR ヤリス」に続くGRシリーズの第3弾となる。日本での販売は2021年秋を予定している。スバルも同日、兄弟車となる「BRZ」の最新モデルの日本仕様を発表した。

GR 86(写真左)を世界初公開した。写真右はBRZ(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
新旧モデルの諸元値の比較(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 GR 86は先代モデルから排気量をアップして2.4l(リットル)のエンジンを搭載。動力性能やレスポンスを向上し、高回転域までストレスなく伸びるフィーリングを実現したとしている。トランスミッションは6速MTまたは6速ATから選択できる。

 パッケージングやサイズは先代モデルを継承したが、全高やヒップポイントを低く抑え、低重心化を図るとともに回頭性を改善した。ルーフパネルやフェンダーにはアルミ材を採用している。フロントシート、マフラーなどの改良も軽量化に寄与した。幅広い速度域で「走る楽しさを感じられるハンドリング性能」(トヨタ)を実現するため、ボディー剛性を向上させた。ねじり剛性は先代モデルから50%向上させ、操縦安定性を高めている。ATモデルにはスバルの運転支援システム「アイサイト」を搭載する。

 トヨタとスバルは2019年9月に業務資本提携を締結。スバルはトヨタの関連会社となった。この業務提携の中で「86/BRZ」の共同開発や、トヨタのハイブリッドシステムの搭載車種拡大に合意した。また、両者は電気自動車(EV)の専用プラットフォームやCセグメントのSUVタイプのEVの開発でも協力している。EVではスバルの全輪駆動(AWD)技術を活用する。

新型GR 86の外観デザイン(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
エンジンは排気量をアップした(左)。時速0〜100kmの加速は7.4秒から6.3秒に短縮した(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

→その他の「車両デザイン」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.