まとめ
» 2021年04月12日 12時00分 公開

Armv9は「富岳」の技術で性能向上/インテルのIDM 2.0とは電子ブックレット(組み込み開発)

MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年1〜3月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2021年1〜3月)」をお送りする。

[MONOist]

MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年1〜3月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2021年1〜3月)」をお届けする。

組み込み開発ニュースまとめ(2021年1〜3月)

アイコン

 MONOistで、2021年1〜3月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた。Armが10年ぶりに発表した新アーキテクチャ「Armv9」やインテルの新CEOが発表した「IDM 2.0」など合計14本の記事を収録している。

ダウンロードボタン

【主な収録記事】
 ・「Armv9」は「富岳」の技術で性能向上、「レルム」コンセプトでよりセキュアに
 ・新CEOの「IDM 2.0」がインテルを戒めから解き放つ、ファウンドリー事業にも本腰
 ・「Raspberry Pi Pico」が発売、独自開発の40nmマイコン「RP2040」を搭載   ……など

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.