ニュース
» 2021年04月09日 10時00分 公開

IoTでKDDIの5Gネットワークを利用できるデータ通信契約を開始製造業IoT

ソラコムは、IoTプラットフォーム「SORACOM」で、KDDI auネットワークの5G/4G LTEを利用可能なデータ通信契約「planX2」の提供を開始した。

[MONOist]

 ソラコムは2021年3月30日、IoT(モノのインターネット)プラットフォーム「SORACOM」で、KDDI auネットワークの5G(NSA)/4G LTEを利用可能なデータ通信契約「planX2」の提供を開始した。

キャプション 「SORACOM IoT SIM」(左:カード型SIM、右:チップ型SIM) 出典:ソラコム

 「SORACOM IoT SIM」は、複数の通信契約(サブスクリプション)を管理する「サブスクリプションコンテナエンジン」を搭載している。ユーザーは、WebコンソールまたはAPIを介して操作することで、OTA(Over The Air)によりSIM内にサブスクリプションを追加できる。

キャプション 「サブスクリプションコンテナ」機能 出典:ソラコム

 SORACOM IoT SIMはカード型とチップ型を用意しており、初期費用はカード型が5.5ドル(600円)、チップ型が6.6ドル(720円)となる。サブスクリプションの追加費用は3ドル(327円)、基本料金は「plan01s」の場合1日当たり0.06ドル(6.5円)。planX2のサブスクリプション利用料金は、月当たり1.8ドル(196円)となっている。

 planX2対応のOTA対応モジュールは、5G/4G LTE対応の「Thales DIS MV31-W」、4G LTE対応の「Quectel EC21-J」。ドングルでは、「GreenHouse GH-UDG-MCLTEC」「SORACOM Onyx LTE USB ドングル SC-QGLC4-C1」が対応している。

 同社は今後、順次5G対応の動作確認済みOTAモジュールを追加するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.