ニュース
» 2021年04月12日 10時00分 公開

プライベートLTEやローカル5Gの無線周波数利用効率を高める技術を開発製造業IoT

富士通ら4者は、プライベートLTEやローカル5G向けに、トラフィックの混雑状況や利用者からの要求に応じて、オンデマンドで仮想的にネットワークリソースを割り当てる自動制御技術を開発した。

[MONOist]

 東京大学、早稲田大学、富士通、日立製作所は2021年3月26日、総務省委託研究「IoT機器増大に対応した有無線最適制御型電波有効利用基盤技術の研究開発」の技術課題「有無線ネットワーク仮想化の自動制御技術」の効果検証を実施したと発表した。4者の開発技術を統合したもので、無線周波数の利用効率を向上できることを確認した。

 4者は共同で、製造業や社会インフラ分野などでのプライベートLTE、ローカル5G向けに、トラフィックの混雑状況や利用者からの要求に応じて、オンデマンドで仮想的にネットワークリソースを割り当てる自動制御技術を開発。東京大学の構内に構築したプライベートLTE(sXGP)の環境を用いて、それぞれが開発した技術を統合した実証実験を2020年11月1日〜2021年3月25日に実施した。

 具体的には、東京大学が開発した「IoT(モノのインターネット)仮想ネットワークの有無線統合、振る舞い監視」技術により、ネットワークに流れるトラフィック全体の増減などの傾向をIoTサービスごとに分割して分析し、トラフィックモデルやデータの冗長性といった情報を取得した。

 これらの情報に基づき、早稲田大学の「IoT指向ファンクションオーケストレーション」、富士通の「IoT指向ネットワークオーケストレーション」、日立製作所の「IoT有無線ネットワークのスケーラブルリソースプーリング自動化」技術を連動させて、無線周波数の利用効率の向上効果を調査した。

キャプション 実証実験の構成イメージ 出典:富士通

 実証実験の結果、無駄なリソース消費を抑えることで、自動制御技術の適用前よりも無線周波数の利用効率を向上できることを確認した。

キャプション 実証実験の結果 出典:富士通

 プライベートLTEやローカル5Gなどにおける従来のネットワーク仮想化技術は、IoTサービスごとに独立してネットワークリソースを使用するため、ネットワーク全体に適したリソース配分ができないことが課題となっていた。今回開発した自動制御技術を用いることで、より効率的な無線通信利用が期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.