ニュース
» 2021年04月12日 07時00分 公開

5Gで遠隔から工作機械を自動運転できる次世代工作機械の共同開発を開始FAニュース

キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社は、5Gを用いて遠隔から工作機械を自動運転する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を開始した。技術検証などを経て、2023年4月には、同制御機能を搭載した次世代工作機械を商用化する。

[MONOist]

 キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社(ドコモ)は2021年3月23日、5Gを用いて遠隔から工作機械を自動運転する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を開始した。

 Auto-Part-Producer 5Gは、5G通信に対応した次世代工作機械の制御機能となる。1台で、穴あけや削り、ねじ立てなどさまざまな加工ができる工作機械(マシニングセンタ)に、製造する部品の加工プログラムを5Gで伝送し、遠隔から全自動で部品を製造する。

キャプション 「Auto-Part-Producer 5G」構成イメージ(クリックで拡大) 出典:キタムラ機械

 2018年にキタムラ機械が「Auto-Part-Producer」を開発したことで、熟練者が専用の加工プログラムを作成しなくても、3D設計データを読み込むだけでマシニングセンタの自動運転ができるようになった。しかし、近年は部品の複雑化と共に3Dデータも大容量化し、各工作機械に高性能なデータ処理機能を搭載する必要があり、機械側での作業者による操作は必須だった。

 Auto-Part-Producer 5Gは、クラウド上でデータを処理しながら、そのデータを5Gでリアルタイムに工作機械へと伝送する。遠隔からの操作や複数の工作機械の制御が1人でできるようになり、人手不足の解決につながる。また、工作機械そのものに高度なデータ処理機能を搭載する必要がないため、同機能をこれまでに比べ3割程度安く導入できるという。

 また、両社は共同開発の開始と同時に、キタムラ機械の高岡本社工場(富山県高岡市)を5Gエリア化し、開発拠点となる「KITAMURA Innovation Factory(KIF)」を開設した。KIFでは、Auto-Part-Producer 5Gの開発や、工作機械分野でのDX(デジタルトランスフォーメーション)の検討を進めていく。

キャプション 「KITAMURA Innovation Factory」外観(キタムラ機械 本社工場) 出典:キタムラ機械

 今後、2022年4月に5Gを用いたクラウド処理とリアルタイム加工の技術検証をし、同年8月には次世代工作機械を設計、開発する。2023年4月には、Auto-Part-Producer 5Gを実装した次世代工作機械を商品化する計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.