VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年04月16日 13時00分 公開

CAE解析結果をVR空間で、ホンダと共同で特許申請中の新技術をオプション提供VRニュース

サイバネットシステムはVR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」に、オプション機能としてホンダと共同で特許申請中の新技術を実装し、販売を開始した。設計者自らVR空間内でCAE解析結果の視覚的な考察が行える。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2021年4月5日、同社のVR(仮想現実)設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」に、オプション機能としてホンダと共同で特許申請中の新技術を実装し、販売を開始した。

 実装するオプション機能は、「仮想現実・複合現実感を用いて解析結果を可視化する方法」。これまで難しかったCAE解析結果の視覚的な考察を設計者自らVR空間内で実施可能で、手戻りの削減による開発期間短縮と製品品質の向上が期待できる。

 主要な機能は、VR空間内でコントローラーを使用した断面、コンター図作成機能および流線生成機能だ。バーチャルデザインレビューのCAE連携オプションとして販売する。新機能により、設計者がVR空間内で3次元的な構造を観察しながら、コントローラーの操作だけで流線開始位置の設定や温度情報の確認ができる。

CAEで解析した設計情報をVR空間で直接操作 CAEで解析した設計情報をVR空間で直接操作し、リアルタイムで確認(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

 オプション機能の実現によって、CAEで解析した設計情報をVR空間で直接操作し、リアルタイムで確認することが可能となり、設計者自ら「VR空間で歩く、しゃがむなどの移動で視点を調整する」「コントローラーの位置や向きで流線発生位置を調整する」「可視化結果の流線を自ら動いて追跡する」といった評価が行える。

VRを用いたCAE結果レビュー VRを用いたCAE結果レビューの様子(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.