ニュース
» 2021年04月19日 15時00分 公開

新型コロナワクチン1瓶で6回接種できる注射針を開発医療機器ニュース

エア・ウォーターは、シリンジ側に残る薬液を従来の3分の1に低減した「ローデッドスペース注射針」の国内販売を開始した。ファイザー製の新型コロナワクチンを1瓶から6回接種できる。

[MONOist]

 エア・ウォーターは2021年4月1日、シリンジ(注射筒)側に残る薬液を従来の3分の1に低減した「ローデッドスペース注射針」の国内販売を開始した。ファイザー製の新型コロナワクチンを1瓶から6回接種できる。

キャプション 「ローデッドスペース注射針」をシリンジに接続した状態 出典:エア・ウォーター

 ローデッドスペース注射針は、注射針とシリンジを接続する針基部分でシリンジ側のデッドスペースを小さくすることで、薬液の残量を約0.03mlまで抑えた。既存の一般的な注射針とシリンジの組み合わせに比べ、約3分の1の残量となる。

 開発および製造は、子会社のミサワ医科工業が担当。エア・ウォーターでは、2020年6月に同社グループの注射針の生産設備を強化し、約1.5倍増となる年間30億本の製造を可能にしている。さらに現在は、他製品の生産ラインも活用している。

 同社は2022年3月までに、国内外向けに約3億本のローデッドスペース注射針の生産を予定しており、海外展開も視野に入れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.