ニュース
» 2021年04月22日 09時00分 公開

マクニカとアプトポッド、ハイブリッドAI/IoT基盤構築で資本業務提携製造マネジメントニュース

マクニカとアプトポッドは、資本業務提携を発表した。両社のAIおよびIoT技術を生かして、垂直統合型のハイブリッドデータプラットフォームの構築、提供を目指す。

[MONOist]

 マクニカは2021年4月5日、アプトポッドとの資本業務提携を発表した。今後、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)による、モビリティおよび行政向けのAIデータプラットフォームで協業する。

 今回の提携により、両社のAIおよびIoT技術を生かして、垂直統合型のハイブリッドデータプラットフォームの構築、提供を目指す。

 具体的には、マクニカが提供するデータ基盤「MMDP(MACNICA Mobility Data Platform)」に、アプトポッドの高速IoT基盤「intdash(イントダッシュ)」、エッジコンピューティング環境「EDGEPLANT(エッジプラント)」を組み合わせる。これにより、MMDPのデータ基盤とエッジコンピューティングを強化し、垂直統合型のエッジ・クラウドのハイブリッドAI/IoT環境を構築する。

キャプション 「MMDP」におけるソリューション全体像(クリックで拡大) 出典:マクニカ

 MMDPは、リアルタイム性とデータの完全性を両立させた高速データパイプラインや、高精度のデータ収集からAIモデル開発までをワンストップで提供できる。提携によりハイブリッドなAI実行環境が整うことで、車両データ(制御や動画像)による自動車関連ソフトウェア開発、障害物および工事情報などの道路環境の把握、老朽化する交通インフラの状態把握などに活用できるとしている。

≫「製造マネジメントニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.