ニュース
» 2021年04月22日 08時00分 公開

システム制御と通信機能を集積したBluetooth通信用モジュールを発売組み込み開発ニュース

ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth搭載マイコン、アンテナ、周辺回路を集積した「RX23Wモジュール」を発表した。各国の電波法認証済みで、RFの設計や調整が不要となり、開発期間の短縮が可能だ。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2021年4月6日、Bluetooth搭載マイコン、アンテナ、周辺回路を集積した「RX23Wモジュール」を発表した。家電、ヘルスケア機器、スポーツやフィットネス機器など、IoT(モノのインターネット)エンドポイント機器に適する。

 6.1×9.5mmの83ピンLGAパッケージで提供され、既に量産出荷を開始している。1万個一括購入時の参考単価は6.6ドル(約718円)。評価用ターゲットボードも参考単価5000円(各税別)で提供する。

キャプション Bluetooth通信用「RX23Wモジュール」(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 RX23Wモジュールには、32ビットRXマイコン「RX23W」を搭載し、Bluetooth 5.0 Low Energyのロングレンジや、2Mbpsの高データスループットなどに対応。125kbpsにおける受信感度は−105dBmだ。IoT機器を脅威から守るトラステッドセキュアIP(TSIP)や、タッチキー、USB、CANなどの周辺機能を多数搭載する。

 RXマイコンと同じ開発環境「Smart Configurator」「QE for BLE」「Bluetooth Test Tool Suite」を提供し、システム制御と通信制御を同時に開発できる。

 米国、カナダ、EU、日本における電波法認証やBluetooth SIGの認証を取得しているため、RFの設計や調整が不要となり、開発期間の短縮が可能。また、システム制御と通信を集積しており、BOMコストの削減にも貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.