ニュース
» 2021年04月27日 10時00分 公開

車載ビジョンシステム向けFPGAを発表、競合比で消費電力を75%低減組み込み開発ニュース

Lattice Semiconductorは、組み込みビジョンシステムに適した車載アプリケーション向けFPGA「Lattice CrossLink-NX FPGA」を発表した。最大10Gbpsの伝送速度を有するMIPI D-PHYインタフェースに対応している。

[MONOist]

 Lattice Semiconductorは2021年4月13日、車載アプリケーション向けFPGA「Lattice CrossLink-NX FPGA」を発表した。先進運転支援システム(ADAS)や車載インフォテインメント(IVI)システムなどの組み込みビジョンシステムに適している。

キャプション 車載アプリケーション向けの「Lattice CrossLink-NX FPGA」 出典:Lattice Semiconductor

 FD-SOI製造プロセスとFPGAアーキテクチャを組み合わせた「Lattice Nexus FPGA」プラットフォームを基としており、競合FPGAと比較して消費電力を最大75%低減した。消費電力を抑えることで、ADASやIVIシステムの熱設計に寄与する。

 車載用電子部品の規格「AEC-Q100」のグレード2(周囲温度105℃)に準拠し、ソフトエラーレートは競合品と比べて100分の1に抑えた。MIPI D-PHY(4レーン)トランシーバーを2つ実装しており、最大10GbpsのMIPI D-PHYインタフェースに対応する。また、5GbpsのPCIe Gen 2、DDR3メモリなど複数の高速I/Oをサポート。I/Oの起動時間は3ミリ秒、全デバイスの起動時間は15ミリ秒に抑えた。

 1ロジック当たり170ビットのメモリを確保しており、画像データを高効率に処理できる。パッケージは4×4mmのWLCS(0.4mmピッチ)から17×17mmのBGA(0.8mmピッチ)までを用意する。

 「Lattice Radiant」「Lattice Propel」「Lattice mVision」「Lattice sensAI」ソリューションスタックにも対応しており、車載向けビジョンシステム設計の迅速化が可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.