ニュース
» 2021年04月30日 07時00分 公開

アズビル、研究開発拠点に2棟の新実験棟を建設し先進技術の開発を推進工場ニュース

アズビルは、神奈川県藤沢市の研究開発拠点「藤沢テクノセンター」に新実験棟を2棟建設する。先進的な実験作業環境をはじめ、集中して働ける環境や社員が気分転換できる場所を整備することで、高度でより先進的な技術開発を推進する。

[MONOist]

 アズビルは2021年4月12日、神奈川県藤沢市の研究開発拠点「藤沢テクノセンター」に新実験棟を2棟建設すると発表した。2021年春に着工し、2022年5月末の竣工を予定している。投資金額はそれぞれ40億円、30億円を計画している。

 従来の老朽化した実験棟を解体して建設する実験棟1は、6階建てで延べ面積1万721m2となる。実験棟1には最新の実験環境を整備し、カフェ型のワークスペースなど、集中して思考する場所と気分転換できる場所をバランスよく配置。最適な開発環境や執務環境を提供して社員の活性化を図る。

キャプション 実験棟1の完成イメージ 出典:アズビル

 実験棟2は、3階建てで延べ面積が4217m2。開発、生産用のクリーンルームを設置し、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)センサーの開発施設や計測標準施設を整備する。同社は実験棟2を、高性能センサーを安定供給して新製品を開発する拠点とし、センサーを起点に新規領域へとビジネスを拡大していく。

キャプション 実験棟2の完成イメージ 出典:アズビル

 2つの新実験棟の建設により、同社は藤沢テクノセンターの機能を拡充し、高度でより先進的な技術開発を進める。また、新実験棟は、「世界最先端のオートメーション技術を体験できるセンター」としての役割、新たな価値を創造できる空間としての役割も担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.