「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年05月19日 06時00分 公開

FCAとPSAのステランティスも「ソフトウェアファースト」、パートナーはフォックスコン車載ソフトウェア

Stellantis(ステランティス、FCAとグループPSAが合併)とFoxconn(フォックスコン)、フォックスコン子会社のFIH Mobileは2021年5月18日、折半出資によって新会社「Mobile Drive(モバイルドライブ)」を設立すると発表した。新会社はティア1サプライヤーとして、自動車のインフォテインメントシステムやHMI(ヒューマンマシンインタフェース)、無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)などのコネクテッドサービスを開発する。

[齊藤由希,MONOist]

 Stellantis(ステランティス、FCAとグループPSAが合併)とFoxconn(フォックスコン)、フォックスコン子会社のFIH Mobileは2021年5月18日、折半出資によって新会社「Mobile Drive(モバイルドライブ)」を設立すると発表した。新会社はティア1サプライヤーとして、自動車のインフォテインメントシステムやHMI(ヒューマンマシンインタフェース)、無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)などのコネクテッドサービスを開発する。

 フォックスコンが知見を持つモバイル分野のユーザーエクスペリエンスやソフトウェア開発を応用し、カスタマイズや継続的な機能アップデートが求められる自動車の開発を加速させる。新会社では、自動車のライフサイクル全体を通してマネタイズできる新たなビジネスモデルも模索する。開発したソフトウェアとハードウェアはステランティスの全ブランドに搭載する他、ステランティス以外にも販売する。製品化や量産車に搭載する具体的な時期については言及しなかった。また、Appleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」の利用を妨げるものではないとしている。

ステランティスとフォックスコンの強みを融合してコネクテッドカーを開発する(クリックして拡大) 出典:ステランティス

 モバイルドライブの本社はオランダに置く。すでに250人のエンジニアがステランティスとフォックスコンの協業向けに従事しているという。台北にいる実行エンジニア(execution engineer)が新会社に参加する他、欧州に要求管理やプログラムマネジャー向けの拠点を置く。ステランティスからフォックスコンへの開発委託ではなく、双方からエンジニア人材を出し合う。

 ステランティスの傘下には、旧FCAのアルファロメオ、クライスラー、ダッジ、フィアット、アバルト、ジープ、ラム、マセラティ、ランチア、旧グループPSAのプジョー、シトロエン、DS、オペルなど幅広いブランドが所属している。ユーザーに合わせたカスタマイズだけでなく、ブランド体験のカスタマイズも推進する。また、継続的なアップデートに対応した拡張性のあるハードウェアを広く搭載するため、コア技術やプラットフォームを全ブランドで共有する。

 モバイルドライブでは、ソフトウェアの開発サイクルをハードウェアから完全に独立させることを最重視する。ミドルウェアとアプリケーションレイヤーを含む適切なソフトウェアアーキテクチャを構築する。また、ソフトウェアは顧客主導型を目指し、アジャイル開発やデザイン思考を取り入れる。

開発対象となる分野(クリックして拡大) 出典:ステランティス

→その他の「車載ソフトウェア」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.