ニュース
» 2021年06月07日 07時30分 公開

日産の新型EV「アリア」、2021年冬から日本向け限定仕様車で販売スタート電気自動車

日産自動車は2021年6月4日、SUVタイプの電気自動車(EV)「アリア」の日本専用限定仕様車を発表した。また、アリアの予約サイトを同日に開設し、オンラインでの予約注文の受付も開始した。

[齊藤由希,MONOist]

 日産自動車は2021年6月4日、SUVタイプの電気自動車(EV)「アリア」の日本専用限定仕様車を発表した。また、アリアの予約サイトを同日に開設し、オンラインでの予約注文の受付も開始した。バッテリー容量66kWhのグレード「B6」のうち、2WDモデルが2021年冬に発売される。B6の4WDモデルや、バッテリー容量91kWhのグレード「B9」の2WDモデルと4WDモデルは2021年冬以降に発売する。

アリアの日本専用の限定仕様車を発表した(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 今後、米国や欧州でも予約注文を受け付ける。生産は日本向けの限定仕様車から開始し、追って米国や欧州でも販売する。限定仕様ではない通常モデルについても、後日詳細を発表するとしている。日産自動車 執行役副社長の星野朝子氏は「絶対にこの台数を売るという目標は設定していない。バッテリー生産のキャパシティーもあるので、グローバルで数万台の単位で売っていくことになるだろう。販売台数への貢献が小さいと思われるかもしれないが、欧州では特に台数が出ると見込んでいる。また、最新技術を満載したクルマを出すのは日産の姿勢を示していくことにもなる」とコメントした。

 2020年7月にアリアを発表した時点では、2021年半ばの販売開始と計画していた。コロナ禍や半導体の供給不足の影響に加えて「日産の新型車ラッシュの中で、世界初や日産初の技術が満載のアリアを丁寧に作り込んだ」(星野氏)という背景から2021年冬にまずは日本向けの限定仕様車を発売することとなった。

アリアの限定仕様車のインテリア(クリックして拡大) 出典:日産自動車

 限定仕様車の税込希望小売価格はB6の2WDモデルが660万円、B9の4WDモデルは790万円となる。限定仕様ではない通常モデルの実質的な購入価格は、補助金を利用して約500万円からとなる予定だ。

 最高速度はB6とB9の2WDモデルで時速160km、4WDモデルで時速200kmだ。WLTCモードでの最大走行可能距離は、B6の2WDモデルで450km、B9の2WDモデルで610kmとなる。

 限定仕様車では、通常モデルには採用しないボディーカラー2種類を設定する他、ナッパレザーシートやサンルーフ、運転支援システム「プロパイロット2.0」、車外から駐車操作できる「リモートパーキング」、BOSEのプレミアムサウンドシステムが標準装備となる。

オンラインとオフラインの両輪で

 Webサイトで予約注文を受け付けるにあたって、購入を検討する人向けにオンラインでの情報提供を強化する。「クラブアリア」という無料登録が可能な会員制のWebサイトを設け、3D CGでの車両の確認、仕様やオプションを検討できるコンフィギュレーター、ARのアプリケーション、アリアでのバーチャルなドライブなどのコンテンツを提供する。また、クラブアリアの会員向けの車両展示会や試乗会も企画していく。

 オンラインで購入を検討した後に販売店で予約、購入することもできる。また、販売店での情報提供や説明も行い、オンラインとオフラインの両方でアリアの販売を促進する。オンラインでの取り組みは今後さまざまな車種に展開する。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.