ニュース
» 2021年06月07日 14時00分 公開

Sub6帯ローカル5G実験試験局本免許取得、建物内のアプリケーション実証に向け製造マネジメントニュース

NECネッツエスアイは、Sub6帯のローカル5G実験試験局の本免許を取得した。免許取得によって建物内の実環境におけるアプリケーションの実証ができるようになる。

[MONOist]

 NECネッツエスアイは2021年5月12日、Sub6帯(4.6〜4.9GHz)のローカル5G実験試験局の本免許を取得した。

 同社はこれまで、技術拠点の新川崎テクニカルテクベース内の「5Gラボ」において、シールドルーム内で顧客と共同実証を進めてきた。今回の免許取得によって建物内の実環境下でのアプリケーション実証ができるようになる。

キャプション 新川崎テクニカルベース 出典:NECネッツエスアイ

 同社では、今回構築する実証環境を活用することで、顧客業務のデジタルシフトや働き方、まちづくりなどの領域におけるローカル5Gの実用化を加速していく。今後、屋外環境における商用免許の取得を進める計画だ。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.