ニュース
» 2021年06月09日 07時00分 公開

プラントの生産性向上を支援する、高度制御ソリューションFAニュース

横河電機は「OpreX Asset Operations and Optimization」の新製品として、高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.03」の販売を開始する。

[MONOist]

 横河電機は2021年6月2日、「OpreX Asset Operations and Optimization」の新製品として、高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.03」を発売した。Shellとの共同開発によるもので、OPC UA通信規格に対応し、プラントシステムの相互運用性とセキュリティを向上できる。

キャプション 高度制御ソリューション「Platform for Advanced Control and Estimation R5.03」のイメージ 出典:横河電機

 同ソリューションは、Shellの高度制御技術と、横河電機のリアルタイム制御技術を生かして開発。多変数モデル予測制御、ソフトセンサー、ユーザーによるカスタマイズが可能な各種演算式を同一のプラットフォーム上で構築、運用できる。

 最新版では、産業オートメーション分野などにおけるデータ交換の標準規格OPCの最新版でセキュリティを強化した通信規格「Open Platform Communications Unified Architecture(OPC UA)」に対応。プラントシステムの相互運用性とセキュリティが向上し、DX(デジタルトランスフォーメーション)でユーザーの自律操業への移行を支援する。

 また、BLCモデルとして、proportional integral differential(PID)制御ロジックを追加。同モデルは、分散形制御システムのPIDパラメーターを用いてPIDループの動特性を表現するため、BLCモデルのプロセスに対するミスマッチを減らし、制御性を向上する。

 プラントの運転状況に合わせ、アプリケーションの挙動をユーザーが自由にカスタマイズできる機能「Event Logic」も拡張した。カスタムコードの代わりにイベントのルール、アクションの設定が可能になり、プロセッサに対して測定値の検証、モデル変更などの処理ができるようになった。

 メンテナンス機能も向上している。Design-Timeアドバイザーにより、アプリケーション、プロセッサ、変数のパラメーター値をDesign-Time上で検証し、不正なパラメーターの設定に対して警告メッセージを表示する。

 さらに、OPCアイテムのパフォーマンスを表示。OPCアイテムの読み込み時間など、OPC DA/UAサーバアクセス時のパフォーマンスを可視化する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.