ニュース
» 2021年06月10日 15時00分 公開

完全ワイヤレスのポケットサイズ超音波診断装置を発表医療機器ニュース

GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットサイズ超音波診断装置「Vscan」シリーズの最新モデル「Vscan Air」を発表した。画質が大幅に向上したほか、本体機能とプローブが一体化した完全ワイヤレス方式で、自由度や操作性に優れる。

[MONOist]

 GEヘルスケア・ジャパンは2021年6月1日、カラーフローモード搭載のポケットサイズ超音波診断装置の最新モデル「Vscan Air」を発表した。同年7月初旬の受注開始を予定しており、希望小売価格は87万7800円(税込)。初年度の出荷予定台数を1000台と見込んでいる。

キャプション ポケットサイズ超音波診断装置「Vscan Air」とスキャン画像イメージ(モバイル端末は「Vscan Air」セットに含まれない) 出典:GEヘルスケア・ジャパン

 Vscan Airは、「Vscan」シリーズとしては初めてコンベックスと12MHzリニアを搭載したデュアルプローブ方式で、さまざまな部位をスキャンできる。画質は、同社の独自技術「SignalMax」と128ch駆動のプローブで大幅に向上した。また、カラーフローモードに、2段階の流速レンジ切り替え機能を追加している。

 本体機能とプローブが一体化しており、スマートフォンやタブレットに専用アプリケーションをダウンロードすれば、Vscan Airとモバイル端末をWi-FiまたはBluetooth接続してワイヤレスで使用できる。置くだけで充電できるQi規格を採用し、ケーブル挿抜の手間だけでなく、ケーブルに起因するトラブルやストレスがなくなる。

キャプション 「Vscan Air」使用イメージ 出典:GEヘルスケア・ジャパン

 手軽に持ち運びできるよう、本体サイズは131×64×31mmと小型で、重量は205gとなっている。また、米国国防総省の規格に準拠した落下試験をクリアし、IP67の防塵防水性能を備え、幅広いシーンで超音波検査が実施できる。

キャプション 「Vscan Air」使用イメージ 出典:GEヘルスケア・ジャパン

 Vscanシリーズは、2010年に日本で発売されて以来、国内で約8000台、世界では約3万台が販売されている。同社はこれまで、1台で多くの部位をスキャンできる「Vscan Dual Probe」や、機能性と操作性を高めた「Vscan Extend」を販売している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.