ニュース
» 2021年06月11日 15時00分 公開

新型コロナワクチン1瓶から7回接種できるシリンジを発売医療機器ニュース

ニプロは、ファイザー製の新型コロナワクチン1瓶と同量の薬液から7回採液できる「ニプロVAシリンジ」を発売した。シリンジの外筒に針が植え込まれており、シリンジ先端のデットスペースが従来型の15分の1程度に抑えられている。

[MONOist]

 ニプロは2021年5月31日、新型コロナワクチンを効率的に接種できる「ニプロVAシリンジ(25mm25Gタイプ)」を発売した。

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

 シリンジの外筒に針が植え込まれた構造で、薬液が残りやすいシリンジ先端のデットスペースが従来型シリンジの15分の1程度に抑えられている。同社が検証したところ、ファイザー製の新型コロナワクチン1瓶と同量の薬液から7回採液できた。

キャプション 「ニプロVAシリンジ(25mm25Gタイプ)」の外観(クリックで拡大) 出典:ニプロ

 また、新型コロナワクチンの接種は筋肉注射を前提としているため、筋肉に確実に届くように針長は25mmとした。さらに、薬液の吸引や注入の操作性を高めるために、外径は同社従来品より大きな25G(0.5mm)を採用している。

 同製品は、秋田県大館市の国内工場に加え、タイ工場での生産も予定している。2021年秋には製造ラインを新設し、年間製造数量5000万本を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.