ニュース
» 2021年06月11日 14時00分 公開

エッジAIなどのプラットフォーム管理ソリューションを共同で提供製造マネジメントニュース

日鉄ソリューションズと日本IBMは、5Gの本格活用に伴ってニーズが高まるエッジコンピューティングなどに関して、プラットフォーム管理の新たなソリューションを提供する。

[MONOist]

 日鉄ソリューションズは2021年5月31日、日本IBMと共同で、5Gの本格活用に伴ってニーズが高まるエッジコンピューティングやエッジAI(人工知能)、ハイブリッドマルチクラウドのプラットフォーム管理に関する新技術について検証、検討し、同年6月以降に新ソリューションを提供すると発表した。

 これまで両社は、企業が5Gネットワークなどを利用してエッジコンピューティングを効率的に活用するためのアプリケーションプラットフォームを提供すべく、検討してきた。

 今回の計画の第1弾として、エッジコンピューティング環境へのビジネスロジックや分析アプリケーションの導入および拡張に関して、自律的な管理機能を提供する「IBM Edge Application Manager」を提供する。IBM Edge Application Managerを活用することで、数万規模のエンドポイントを持つ大規模で多様なアプリケーション環境を、少数の管理者で管理できるようになる。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.