コラム
» 2021年06月11日 12時00分 公開

日の丸自前主義と日本に半導体工場を取り戻す意味FAメルマガ 編集後記

日本である意味をあらためて打ち出す必要があります。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2021年6月11日発行の「FAメールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

≫FAメルマガ編集後記のバックナンバー

 世界的な半導体不足が進む中、あらゆる産業の基盤として半導体の重要性にあらためて注目が集まっています。その中で2021年6月4日に経済産業省が「半導体戦略」を取りまとめました。この戦略では、半導体を経済安全保障上の重要なピースと位置付け、単なる1つの産業の枠を超えた支援を行うことを示しています。その中で、計画の中心に位置づけられているのが、海外ファウンドリの国内誘致です。具体的には台湾のTSMCを想定し、先端ロジック半導体の製造技術の共同開発などを進めています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.