特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2021年06月14日 07時30分 公開

300万回線達成のソラコム、ソニーや日立など6社と資本提携しグローバル展開拡大製造業IoT

ソラコムは、セコム、ソースネクスト、ソニーグループ、日本瓦斯(ニチガス)、日立製作所、World Innovation Lab(WiL)の6社と資本提携を含むパートナーシップを締結すると発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 ソラコムは2021年6月10日、セコム、ソースネクスト、ソニーグループ、日本瓦斯(ニチガス)、日立製作所、World Innovation Lab(WiL)の6社と資本提携を含むパートナーシップを締結すると発表した。

 創業当初から「世界にも通用する日本発のIoTプラットフォーム」を掲げてきたソラコムは、海外市場の開拓にも積極的に取り組んできた。研究開発拠点を米国や欧州などに設けるなどして、国内ユーザーが海外でもソラコムのIoT(モノのインターネット)サービスを利用しやすくするだけでなく、海外ユーザーを取り込むためのグローバル展開を強化している。

 2020年には、さらなるグローバル展開を実現する成長戦略として「スウィングバイIPO」の検討を発表している。このスウィングバイIPOは、一般的なスタートアップが目標とするIPO(新規株式公開)とは異なり、大企業のサポートを得て成長する中で目指すIPOとソラコムは定義している。親会社であるKDDIに加え、今回発表した6社との資本提携によるグローバルビジネス協業を通じて、ソラコムのサービスの海外利用実績を拡大し、顧客フィードバックに基づいて拡充していく方針である。

 なおソラコムは、今回の発表に合わせて、2015年にサービス提供を開始した同社のIoT(モノのインターネット)向けデータ通信サービス「SORACOM Air」の回線契約数が300万を達成したことも明らかにした(セルラー、Sigfox、LoRaWANを含む)。また、ユーザー企業の数はグローバルで1万5000社を超えたとしている。

「SORACOM Air」の回線契約数の推移ソラコムのユーザー企業数 「SORACOM Air」の回線契約数の推移(左)とユーザー企業数(右)(クリックで拡大) 出典:ソラコム

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.