ニュース
» 2021年06月14日 08時00分 公開

独自の「暑さストレスレベル」を計測できる産業用途向けセンサーを発売ウェアラブルニュース

東芝インフラシステムズは、独自指標の「暑さストレスレベル」を計測できる、産業用途のリストバンド型センサー「MULiSiTEN MS100」を発売した。温度、湿度、脈拍数、加速度、角速度などを計測し、一定レベルを超えると振動などで通知する。

[MONOist]

 東芝インフラシステムズは2021年6月1日、独自指標の「暑さストレスレベル」を計測できる、産業用途のリストバンド型センサー「MULiSiTEN MS100」を発売した。

キャプション リストバンド型センサー「MULiSiTEN MS100」(クリックで拡大) 出典:東芝インフラシステムズ

 温度や湿度、脈拍数、加速度(3軸)、角速度(ジャイロ3軸)などの計測が可能で、身長、体重、生活習慣などの個別情報と組み合わせることで、同社独自の指標となる暑さストレスレベルを0〜4で表示する。一定レベルを超えた場合は、振動などにより装着者に通知する。

 Bluetooth Low Energy 5.0に準拠したほか、最大12MbpsのUSB2.0にも対応しており、PCやクラウドに計測データを転送できる。また、過酷な作業現場での使用を想定して耐衝撃ラバーフレーム構造を採用したほか、防塵(じん)・防水性能はIP6X、IPX5/IPX7に対応している。

キャプション 製品活用イメージ(クリックで拡大) 出典:東芝インフラシステムズ

 サイズは41×43×14mm(最大値)で、重量は約50g。温度範囲は−10〜+60℃となっている。通信機能を使用しない場合で、約36時間連続で動作する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.