ニュース
» 2021年06月15日 13時00分 公開

レーザー焼結技術を用いた航空機実装部品の製造資格をエアバスから取得3Dプリンタニュース

マテリアライズは、EOS製の難燃性ポリアミド「PA 2241 FR」を材料にしたレーザー焼結部品の製造資格をエアバスから取得した。レーザー焼結による航空機の実装部品製造を認証された、最初のサプライヤーとなる。

[MONOist]

 Materialise(マテリアライズ)は2021年5月11日(現地時間)、EOS製の難燃性ポリアミド「PA 2241 FR」を材料として使用したレーザー焼結部品の製造資格を、エアバスから取得したと発表した。エアバスのプロセス仕様「AIPS 03-07-022」に基づき、レーザー焼結による航空機の実装部品製造を認証された最初のサプライヤーとなる。

 PA 2241 FRは、同社が既にエアバスに納めている「Ultem 9085」を補完する3Dプリント材料となる。難燃性のポリアミド12をベースにしており、プライマーやトップコートを使用しない、火災、煙、毒性(FST)の要件を満たす航空機内装部品に適した材料である。

難燃性ポリアミド「PA 2241 FR」 EOS製の難燃性ポリアミド「PA 2241 FR」を用いた造形サンプル(クリックで拡大) 出典:Materialise

 なお、PA 2241 FRを3Dプリントするための各プロセスも認証の対象となっている。同社は今後、3Dプリンタ「EOS P 770」を含むEOSシステムを活用し、エアバス向けにPA 2241 FRを用いた部品を製造する予定。今回の認証はエアバス全体で有効となり、航空宇宙分野での樹脂3Dプリントの普及に向けた重要なマイルストーンになるとしている。

 同社は現在、エアバスの「A350」向けに約100種類の部品を造形している。今回の新技術により、アディティブマニュファクチャリング(積層造形)技術の適応範囲拡大が期待される。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.