ニュース
» 2021年06月15日 06時30分 公開

SLS方式3Dプリンタ向けポリアミド樹脂材料「PA11」の国内販売を開始3Dプリンタニュース

XYZプリンティングジャパンは、BASFとのアライアンスプログラムに基づき、粉末焼結積層造形(SLS)方式3Dプリンタ向け樹脂材料「PA11」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 XYZプリンティングジャパンは2021年6月14日、総合化学メーカーのBASFとのアライアンスプログラムに基づき、粉末焼結積層造形(SLS:Selective Laser Sintering)方式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」向け樹脂材料「PA11」の販売開始を発表した。カラーは白と黒の2色を用意する。

※記事初出時のタイトルに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。[更新:2021年6月16日]

「PA11」を用いた造形サンプル。強度と靭性を必要とする造形用途に適している 「PA11」を用いた造形サンプル。強度と靭性を必要とする造形用途に適している ※出典:XYZプリンティングジャパン [クリックで拡大]
「PA11」が使用できるSLS方式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」 「PA11」が使用できるSLS方式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」 ※出典:XYZプリンティングジャパン [クリックで拡大]

 PA11は、耐熱、耐薬品、耐燃料、加工性に優れたポリアミド(PA)樹脂材料である。同じポリアミド樹脂材料の「PA12」と比較して、PA11は柔軟性や強度に優れ、自動車、通信設備、スポーツ用品といった幅広い領域における試作、最終製品/最終パーツの造形などに用いられている。

 XYZプリンティングジャパンは、PA12以上に高精細かつ高耐久な造形が可能な高機能エンジニアリング樹脂材料として、PA11の国内販売を開始する。

 近年の3Dプリンタ/アディティブマニュファクチャリング市場の高まりを受け、同社は材料拡充に注力。2020年12月には静電気拡散(ESD:Electro Static Discharge)性能を持つ「CB50」を保証サポート対象材料に加えている。今後も専門的なノウハウを持つ企業との協業を積極的に進め、2022年中には「PA6」などのSLS方式3Dプリンタ向け材料を13種まで拡大するとしている。

「PA11」はヒンジなど曲げ加工が必要なパーツ造形にも使用可能 「PA11」はヒンジなど曲げ加工が必要なパーツ造形にも使用可能 ※出典:XYZプリンティングジャパン [クリックで拡大]

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.