VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2021年06月16日 13時00分 公開

触覚、振動フィードバック技術でリアルな感覚を再現するVRグローブVRニュース

ゼロシーセブンは、SenseGlove製の触覚、振動フィードバックVRグローブ「SenseGlove Nova」の取り扱いを開始する。高度な触覚、振動技術とスムーズなハンドトラッキング技術の融合により、VRをリアルに体感できる。

[MONOist]

 ゼロシーセブンは2021年6月1日、SenseGlove製の触覚、振動フィードバックVR(仮想現実)グローブ「SenseGlove Nova」の取り扱いを開始した。デジタル世界をよりリアルに体感できる、最先端のVR触覚グローブだ。

触覚、振動フィードバックVRグローブ「SenseGlove Nova」 触覚、振動フィードバックVRグローブ「SenseGlove Nova」 出典:ゼロシーセブン

 SenseGlove Novaに搭載する独自の触覚フィードバック技術は、磁気摩擦ブレーキを通して抵抗を加えることで、物体の密度や大きさの感覚を再現する。各指には、ワイヤでつなげられた強力な4つのブレーキが組み込まれている。各ブレーキは最大20Nの力を供給し、それぞれの指へ2kg相当の重量をかけることができる。

 また、VRトレーニングに不可欠なリアルなボタンクリックや衝撃の感覚を与えるために、グローブのハブに振動アクチュエーターが組み込まれている。高度な触覚、振動技術とスムーズなハンドトラッキング技術の融合により、リアルな形状やテクスチャー、剛性、衝撃、抵抗の再現と、滑らかなハンドトラッキングを可能にした。

使用イメージ 使用イメージ(クリックで拡大) 出典:ゼロシーセブン

 グローブは2.4GHz無線シリアル通信でPCに接続でき、各種へッドセットとの互換性を備える。脱着も容易で、グローブ以外に大掛かりな機器は不要なため、取り扱いがしやすい。

 VRトレーニングに最適化した設計になっており、危険物を扱うトレーニング、複数のツールやオブジェクトを用いた複雑なタスクを実行する物理的なプロトタイプの設計、テストなど、さまざまな仮想現実の世界をリアルに体感できる。

 グローブ1つの重さは320gで、各種モジュール、バッテリーなどを内蔵した手の甲の部分は115×115mmの立方体内に収まる大きさだ。容量3450mAhのリチウムイオン電池を搭載し、平均2.5時間連続で使用できる。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.