ニュース
» 2021年06月16日 08時00分 公開

2022年の民間月面探査プログラムで小型ロボットを月面輸送へ宇宙開発

ispaceとJAXAは、「超小型ロボットシステムの月面輸送・運用・データ取得」契約を締結した。2022年に実施予定の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のミッションで、同社のランダーによりJAXAの変形型月面ロボットを月に輸送する。

[MONOist]

 ispaceは2021年5月27日、「超小型ロボットシステムの月面輸送・運用・データ取得」契約を宇宙航空研究開発機構(JAXA)と締結したと発表した。

 この契約に基づき、ispaceが運営する民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」の2022年実行予定のミッションで、同社のランダー(月着陸船)を用いてJAXAの変形型月面ロボットを月に輸送する。また、月面探査時の月の画像やテレメトリーなどのデータ提供、通信も担当する。

キャプション ispaceのランダーのイメージ 出典:ispace

 JAXAの変形型月面ロボットは直径約80mmで、タカラトミー、ソニーグループ、同志社大学と共同で開発。月面に着陸後は、走行用の形状に変形する。

キャプション 変形型月面ロボット(左:変形前、右:変形後) 出典:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 ispaceでは、2020年8月に月面データ事業「Blueprint Moon」を発表している。同契約は、この事業で初めて公表する契約の1つとなる。なお、今回のミッションでispaceが取得するデータは、JAXAが研究を進めている有人与圧ローバーの自動運転技術や走行技術の設計精度向上に使用される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.