ニュース
» 2021年06月17日 09時00分 公開

2020年の国内PLM市場は2616億円、8年ぶりにマイナス製造ITニュース

矢野経済研究所は、国内PLM市場の推移および予測結果を発表した。2020年の同市場規模は前年比6.2%減の2616億7000万円となり、2012年以来8年ぶりのマイナストレンドとなった。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2021年6月8日、国内PLM(製品ライフサイクル管理)市場の推移および予測結果を発表した。

キャプション 国内PLM市場規模の推移と予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

 発表によると、2020年の同市場規模は前年比6.2%減の2616億7000万円となり、2012年以来8年ぶりのマイナストレンドとなった。新型コロナウイルス感染症の拡大による経済活動の停滞で、世界規模で製造業の設備投資が落ち込み、その影響を受けたと考えられる。2020年1〜3月は好調に推移したが、コロナ禍の影響が本格化した同年4月以降は低調となった。

 2021年の同市場規模は、システムメーカー出荷金額ベースで前年比1.7%増の2660億円と予測。PLM市場は経済動向や製造業の設備投資と連動しているが、中国やアメリカが既に成長に転じており、これらの国々が今後、同市場をけん引することが見込まれるという。

 国内の今後の動向は未だ不透明なところも多い。しかし、大企業における設備投資が再度活性化すれば国内PLM市場も本格的な回復が見込まれるとして、2024年には3020億円に達すると予測している。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.