ニュース
» 2021年06月18日 14時00分 公開

IoT機器を活用した作業員安全管理支援サービスを発売製造ITニュース

日立ソリューションズは、IoT機器を使って作業員の生体情報や位置情報、気象情報を取得、分析することで、作業員の安全管理を支援する「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を発売した。

[MONOist]

 日立ソリューションズは2021年6月10日、IoT(モノのインターネット)機器を使って作業員の生体情報や位置情報、気象情報を取得、分析することで、作業員の安全管理を支援する「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を発売した。

 同サービスは、IoT機器のセンサーから作業員の脈拍や活動量などの生体情報、気温や湿度、気圧などの気象情報、作業員の位置情報を取得する。これをクラウド上に集約して統合管理し、職種、所属、作業現場、時間などのさまざまな属性、切り口でダッシュボード上にグラフや地図といった形式で表示する。例えば、作業員の職種や作業現場、時間別に転倒および落下リスクを可視化することも可能だ。

キャプション 「作業者安全モニタリングシステム」と「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を組み合わせたイメージ(クリックで拡大) 出典:日立ソリューションズ

 これにより工場や建設現場の安全管理部門および現場管理者は、遠隔地から継続的に現場の健康状態などをモニタリングして、健康リスクの把握や労働災害を防止といった取り組みが行える。

 今回は対応するIoT機器の第1弾として、同社と村田製作所が共同開発した「作業者安全モニタリングシステム」のヘルメット型センサーデバイスと連携する。今後は、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスとの連携も計画している。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.