ニュース
» 2021年06月21日 07時30分 公開

「Fusion 360」のジェネレーティブデザイン機能がより安価に利用可能にCADニュース

オートデスクは、3D CAD/CAM/CAE/PCBが統合されたクラウドベースの設計開発ソリューション「Fusion 360」で利用可能なジェネレーティブデザイン機能を提供する「Generative Design Extension」のサブスクリプション料金の改定を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 オートデスクは2021年6月8日、3D CAD/CAM/CAE/PCBが統合されたクラウドベースの設計開発ソリューション「Fusion 360」で利用可能なジェネレーティブデザイン機能を提供する「Generative Design Extension」のサブスクリプション料金の改定を発表した。

 1ユーザー当たりの1年間のサブスクリプション料金(ジェネレーティブデザイン年間使用料)について、従来134万4200円(税込み)だったところ、新たに26万9500円(同)に変更した。併せて、月額のサブスクリプション料金(従来価格:16万8300円(同))に関しても価格が見直され、3万4100円(同)での利用が可能となる。

 Generative Design Extensionは定額プランであるため、サブスクリプション契約期間中であれば、Fusion 360上でのジェネレーティブデザインを日常的に何回でも利用できる(※注1)。

※注1:Generative Design Extensionの利用には別途、Fusion 360のサブスクリプションが必要となる。

 なお、今回の価格改定に併せて、2021年6月30日までの期間、新規1年契約のサブスクリプション料金が30%オフとなるキャンペーンを実施。期間中であれば18万8650円(税込み)で、Generative Design Extensionの年間サブスクリプションを利用できる。

⇒ その他の「CAD」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.