ニュース
» 2021年06月21日 06時00分 公開

ランドローバー「ディフェンダー」がFCVに、AVLやマレリが開発プロジェクトに参加燃料電池車

ジャガーランドローバーは2021年6月15日、ランドローバーブランドの「ディフェンダー」をベースにした燃料電池車(FCV)のプロトタイプを開発すると発表した。2021年内にテスト走行を実施し、オフロード性能や環境性能を検証する。FCVは大型で長距離の走行が求められ、高温から低温まで幅広い環境で使われる車両に向くとしている。

[齊藤由希,MONOist]

 ジャガーランドローバーは2021年6月15日、ランドローバーブランドの「ディフェンダー」をベースにした燃料電池車(FCV)のプロトタイプを開発すると発表した。2021年内にテスト走行を実施し、オフロード性能や環境性能を検証する。FCVは大型で長距離の走行が求められ、高温から低温まで幅広い環境で使われる車両に向くとしている。

ディフェンダーベースのFCVを開発している(左)。燃料電池システムのパッケージング(右)(クリックして拡大) 出典:ジャガーランドローバー

 同社は2039年にサプライチェーンや製品など事業全体でカーボンニュートラルを達成する目標で、各ブランドで電動化を進めている。ランドローバーブランドでは、2030年までに販売台数の60%をゼロエミッション車とし、2036年までにゼロエミッション車の比率を100%とする計画だ。FCV開発はその一環となる。

 FCVの開発は「PROJECT ZEUS」というプロジェクトを通じて行う。デルタ・モータースポーツ、AVL、マレリ・オートモーティブ・システム、英国電池産業化センター(UKBIC)などがパートナーとして参加する。

 新エネルギーとしての水素の利用促進を目的とした団体「水素協議会(Hydrogen Council)」によると、FCVは2030年までにグローバルで1000万台を超え、水素ステーションの数も1万カ所を超える見込みだ。

燃料電池システムの概要(クリックして拡大) 出典:ジャガーランドローバー

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.