ニュース
» 2021年06月22日 13時00分 公開

小学生が考案、繰り返し使えるシート製ストローを開発デザインの力

光浦醸造工業は、小学生の自由研究に発想を得た“繰り返し洗える”シート製ストロー「STROLL_01」を開発した。好みの太さに巻いて使用し、飲み終わったら広げて洗うことで再利用できる。

[MONOist]

 光浦醸造工業は2021年6月9日、小学生の自由研究に発想を得た、繰り返し洗えるシート製ストロー「STROLL_01」を開発したと発表した。好みの太さに巻いて使用し、飲み終わったら広げて洗い、再利用できる。NAVY、MAUVE PINK、KUMIKO ORANGE、KUMIKO GREENの4種類を用意し、価格は594円(税込)。オンラインショップで先行販売しており、同年7月1日より一般小売販売を開始する。

再利用できるストロー「STROLL_01」 再利用できるストロー「STROLL_01」(クリックで拡大) 出典:光浦醸造工業

 1枚のシートを巻いて円筒状にし、ベルトで固定することでストローとして使用できる。使用後は広げて洗えるため、飲むという基本的な機能と環境への配慮、作る楽しさを兼ね備えている。

 特許出願した独自の形状で、台などを使用せずに1枚のシートから両手だけで真っすぐな円筒状のストローを作れる。シートを最適な角度でらせん状に巻く構造を採用しており、適切に巻けば液体が漏れることはない。巻いたストローは、飲み口にも飲料にも漬からない位置で固定できる。

「STROLL_01」の使用方法 「STROLL_01」の使用方法(クリックで拡大) 出典:光浦醸造工業

 商品の台紙は簡易ケースとして使用でき、ミシン目に沿って切り抜いて組み立てると簡易ケースになる。表面は防水加工済みだ。ストローの素材はプラスチック(PET、PE)だが、繰り返し使用することでゴミの削減につながる。

ケースとして使用できる台紙 ケースとして使用できる台紙(クリックで拡大) 出典:光浦醸造工業

 広げたシートは、印刷にも対応する。通常、飲料に触れる部分は、インク溶出の危険があり、複雑な印刷ができない。STROLL_01は印刷部分がラミネートされており、フィルムの断面部分には印刷しないため、長時間の利用でもインクの成分が液中に溶出せず安全に使用できる。これにより、広げた状態と巻いた状態を計算したデザインを施せる。

 開発のきっかけとなったのは、小学3年生が取り組んだ夏休みの自由研究だ。既存ストローの利点や問題点を検証し、繰り返し洗って使えるシート状のストローを考案、発表したという。その後、大人の自由研究が始まり、1年以上の開発期間を経て商品化した。

⇒ 「デザインの力」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.