ニュース
» 2021年06月23日 07時00分 公開

埼玉県本庄市のスマート工場建設に着工、環境負荷低減に配慮した工場に工場ニュース

OKIは、2021年2月に新設を発表した、埼玉県本庄市の工場の建設を開始した。災害対応や環境負荷低減に配慮し、2022年4月に完成し、同年5月からスマート工場として本格稼働を開始する。

[MONOist]

 OKIは2021年6月7日、同年2月に新設を発表した、埼玉県本庄市の工場の地鎮祭を執り行い、建設を開始した。

 新工場は2022年4月に完成予定。災害対応や環境負荷低減に配慮し、同社のソリューションコンセプトであるマニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーションを体現するスマート工場として、同年5月から本格稼働を開始する。

キャプション 新工場のイメージ 出典:沖電気工業

 新工場は、「中期経営計画2022」に掲げた「モノづくり基盤強化」の一環として建設される。脱炭素に配慮した生産施設として、日本初のネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)を目指す。新工場は、設計、施工主の大成建設が定義する工場のエネルギー評価基準ネット・ゼロ・エナジーファクトリー(ZEF)の第1号プロジェクトともなる。

 沖電気工業は、新工場を顧客のニーズの変化、技術の進化に対応するフレキシブルな工場とし、モノづくり基盤強化のフラグシップ工場として運営していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.