ニュース
» 2021年06月24日 07時00分 公開

DX推進のため、国内工場の製造現場社員全員にタブレット型端末を配布工場ニュース

荏原製作所は、DX推進のため、2021年度より国内工場の製造現場社員全員にタブレット型端末を配布した。情報をタイムリーに発信、取得できる環境を整えることで、設計変更などの指示遅れや情報の滞留をなくし、生産性を高める。

[MONOist]

 荏原製作所は2021年6月3日、2021年度より国内工場の製造現場社員全員にタブレット型端末を配布したと発表した。同社の長期ビジョン「E-Vision2030」の一環として、工場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する。

 タブレット型端末の配布は、製造現場の全社員(2021年4月時点の434人)を対象とした。情報をタイムリーに発信、取得できる環境を整えることで、設計変更などの指示の遅れや情報の滞留をなくし、生産性を高める。

キャプション 製造現場の全社員へタブレット型端末を配布 出典:荏原製作所

 また、生産に関わる書類の管理、共有をクラウド化し、情報連絡手段を電子メールやイントラネットに一本化してペーパーレス化を推進。製造現場での情報格差を解消し、社員のモチベーションアップにもつなげる狙いだ。

 同社は長期ビジョンにおける人材戦略として、従業員の働きがいと働きやすさを両立し、最大限に能力が発揮できる環境の整備を目指している。タブレット型端末の配布もその一環で、今後はグローバルでも順次展開していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.