「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2021年06月25日 06時00分 公開

いすゞと日野に続き三菱ふそうも、トヨタの自動地図生成プラットフォームで協力モビリティサービス

トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス傘下のウーブン・アルファと三菱ふそうトラック・バスは2021年6月23日、ウーブン・アルファの自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、AMP)を活用した共同研究を開始すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス傘下のウーブン・アルファと三菱ふそうトラック・バスは2021年6月23日、ウーブン・アルファの自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、AMP)を活用した共同研究を開始すると発表した。

 ウーブン・アルファは、いすゞ自動車や日野自動車とも自動地図生成プラットフォームの活用を検討しており、実質的に日系商用車メーカー全社と連携する(UDトラックスはいすゞ自動車が買収)。

 ウーブン・アルファと三菱ふそうトラック・バスは、10項目以上の実証を検討している。第1弾としては、自動地図生成プラットフォームの高精度地図を、カーブ進入時の速度超過警報装置に取り入れる。車両の状態に応じて適切なタイミングでドライバーに急カーブへの進入を予告し、安全な速度まで減速を促す。この装置を大型トラック「スーパーグレート」に搭載して走行させ、大型トラックの運転支援における高精度地図の効果や課題を検証する。

自動地図生成プラットフォームの高精度地図を、カーブ進入時の速度超過警報装置に取り入れる(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 高精度地図は、道路や車線、信号、道路標識などに何らかの変更があった場合に速やかに変化を検出し、地図に反映しなければならない。AMPは、道路を走る車両からのデータや、衛星写真、航空写真を使って高精度地図を生成する。専用の計測車両を使わないことで費用を抑えながら、高精度地図の更新頻度やカバレッジを向上することができる。

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.