ニュース
» 2021年06月28日 11時00分 公開

CO2の出ない工業炉へ、アイシンと東邦ガスが水素バーナの共同実証開始FAニュース

アイシンと東邦ガスは2021年6月24日、アイシンが保有する工業炉バーナを対象とした水素燃焼技術に関する共同実証実験を開始したと発表した。燃焼時に二酸化炭素を排出しない水素の工業炉バーナにおける燃焼技術の知見獲得を目指す。

[MONOist]

 アイシンと東邦ガスは2021年6月24日、アイシンが保有する工業炉バーナを対象とした水素燃焼技術に関する共同実証実験を開始したと発表した。燃焼時に二酸化炭素を排出しない水素の工業炉バーナにおける燃焼技術の知見獲得を目指す。

 実証実験はアイシンの2カ所の工場で実施する。アイシン 城山工場では、自動車部品の加熱や冷却などの熱処理工程を連続して行う連続式熱処理炉で、水素を燃料とする間接加熱式バーナ(シングルエンド型ラジアントチューブバーナ)を用いて、炉の昇温性能や製品の熱処理具合の評価を行う。城山工場での実証実験は2021年5月に既に開始している。

photo 連続式熱処理炉での評価イメージ 出典:アイシン

 アイシン 西尾工場では、アルミ溶解・保持炉において、水素を燃料とする直接加熱式バーナを用いて、まずは小規模な試験炉を運転し、水素燃焼に関する基本的な特性を把握する。その後、大規模な生産炉にスケールアップし、アルミニウムの溶解能力などの評価を行う。この実証は2021年10月開始予定としている。

photo アルミ溶解・保持炉での評価イメージ(クリックで拡大)出典:アイシン

 これらの実証実験を通じ、アイシンでは水素燃焼による製品への影響評価を確立する。一方、東邦ガスは、バーナの設計や評価を主に担当し、2026年3月までにアイシン保有の工業炉バーナにおける実用化を目指す。

≫「FAニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.