ニュース
» 2021年07月01日 15時00分 公開

血液数滴からアルツハイマー病のバイオマーカーを検出するシステムを発売医療機器ニュース

島津製作所は、アルツハイマー型認知症の原因物質と考えられているアミロイドβを、数滴の血液から検出する「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL」を発売した。

[MONOist]

 島津製作所は2021年6月22日、アルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の原因物質と考えられているアミロイドβを、数滴の血液から検出する「血中アミロイドペプチド測定システム Amyloid MS CL(アミロイドMS CL)」を発売した。

キャプション マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計「AXIMA Performance CL」(クリックで拡大) 出典:島津製作所

 アミロイドMS CLは、同社のマトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計「AXIMA Performance CL」やデータ解析用ソフトウェアなどで構成される。「診断の参考情報となり得る生理学的パラメータを測定する診断機器」として製造販売承認を受けており、管理医療機器(クラス?)として提供する。

 アルツハイマー病の特徴としては、脳内のアミロイド蓄積がある。これを測定するには、陽電子放出断層撮影(PET)イメージや脳脊髄液検査が有用だが、被験者の負担が大きいという課題があった。

 現在のところ、アミロイドMS CLによるバイオマーカー値の臨床的意義は評価されていない。しかし、同社と国立長寿医療研究センターとの共同研究により、血中のアミロイドβの測定値から算出されるバイオマーカーが、脳内のアミロイド蓄積と相関することを報告している。

 同社は今後、アミロイドMS CLを使用する社外の企業や研究機関と協力し、臨床的エビデンスを取得して、アルツハイマー病の早期診断が可能な医療機器の開発を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.