ニュース
» 2021年07月02日 08時00分 公開

IoT機器向け長期サポートサービスが多機能セキュアICに対応IoTセキュリティ

サイバートラストのIoT機器向け長期サポートサービス「EM+PLS」が、ヌヴォトン テクノロジージャパンの多機能セキュアIC「MN67S3C0」シリーズに対応した。IoT機器の国際安全基準への準拠を支援する。

[MONOist]

 サイバートラストは2021年6月24日、同社のIoT(モノのインターネット)機器向け長期サポートサービス「EM+PLS(イーエムプラス)」が、ヌヴォトン テクノロジージャパンの多機能セキュアIC「MN67S3C0」シリーズに対応したと発表した。

 MN67S3C0シリーズは、IC内部で生成した固有の認証鍵を使用後に消去して鍵の抜き取りを防ぎ、重要なデータを強固に保護するIC。近距離無線通信(NFC)や高放射線耐性メモリ、トラストサービスとの連携機能を搭載する。

 EM+PLSには、IoT機器のライフサイクルを製造から廃棄までセキュアに管理する「Secure IoT Platform」、長期にわたって産業グレードの利用が可能なIoT機器向けのLinux OS「EMLinux」が含まれる。今回、MN67S3C0シリーズに、Secure IoT PlatformがハードウェアRoT(Root of Trust)を実装できるようになり、EMLinuxも対応可能になった。

 今回の取り組みにより、トラストアンカーを保有するMN67S3C0シリーズをIoT機器に組み込み、証明書で個体を識別することで、機器の製造から廃棄、再利用までのライフサイクル全体の安全性を確保できるようになる。また、「ゼロトラストアーキテクチャ」に対応し、国際標準規格IEC62443-4-2で定める制御システムについてセキュリティ基準への適応を支援する。

⇒その他の「IoTセキュリティ」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.