コラム
» 2021年07月07日 12時00分 公開

大型トラックの「運転しやすさ」ってなんだろうオートモーティブメルマガ 編集後記

トラック含め、みんなが運転しやすいといいですよね。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2021年7月7日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


大型トラックの「運転しやすさ」ってなんだろう

 英国の自動車番組「トップギア」で、出演者の3人が中古の大型トレーラーを購入した回があります。積み荷をぐちゃぐちゃにしながら派手にクルマを走らせる演出付きで、出演者たちが好き放題に試乗していたのですが、大型の商用車の運転がいかに難しいものであるかが伝わる回でした。

 先日、大型トラックを運転する機会があり、そんなことを改めて思い出していました。普通免許しか持っていませんので、もちろん私有地内での運転です。スラロームを走って、ガタガタした道を通った後、バックで駐車、というそれほど長くない試乗でしたが、初めて運転する大きなクルマなのでとても緊張しました。

 乗ったのはUDトラックスの「クオン」で、新しく搭載される「UDアクティブステアリング」を体験してきました。UDアクティブステアリングは、油圧パワーステアリングにモーターを追加することで、ステアリングの重さを走行場面に合わせて調整したり、ガタガタした道でもステアリングがとられてブレることがないようにしたりします。力のいる大型トラックの運転が、乗用車感覚に近づくシステムなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.