ニュース
» 2021年07月08日 06時00分 公開

ルノーが小型商用車でFCV3車種、グリーン水素も合わせて供給燃料電池車

ルノーとHYVIAは2021年7月6日、2021年末までに小型商用車タイプの燃料電池車(FCV)を3車種展開すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ルノーとHYVIAは2021年7月6日、2021年末までに小型商用車タイプの燃料電池車(FCV)を3車種展開すると発表した。2021年後半までにフランスで水素補給ステーションの組み立ても開始し、欧州で販売する。水の電気分解によるグリーン水素と水素補給ステーション、FCVを合わせて展開することで、カーボンニュートラルの達成につなげる。

小型商用車にFCVが加わる(クリックして拡大) 出典:ルノー

 HYVIAは、米国で燃料電池や水素を製造する水電解槽を手掛けるプラグパワーと、ルノーの合弁会社で、フランスに本社や研究開発、生産の拠点を持つ。

 展開するFCVは、「マスターバン」「マスターシャシーキャブ」「マスターシティーバス」の3モデルだ。車両のメンテナンスやリースはルノーの販売網を通じて対応する。マスターバンは1回の水素充填(じゅうてん)で500kmを走行でき、貨物スペース12m3を備える。

 マスターシャシーキャブはさらに貨物スペースが大きく19m3だが、走行距離は250kmとなる。マスターシティーバスは定員15人の小型バスで、走行距離は300kmを確保する。容量33kWhのバッテリーと出力30kWの燃料電池を搭載した「デュアルパワーアーキテクチャ」を採用するとしている。水素タンクの容量は3〜7kg。

マスターシャシーキャブの燃料電池システムのイメージ(クリックして拡大) 出典:ルノー

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.