ニュース
» 2021年07月09日 09時00分 公開

金型づくりの自動化を推進する拠点を沖縄に開設製造マネジメントニュース

NTTデータエンジニアリングシステムズは、ものづくりネットワーク沖縄らと共同で、金型づくりの自動化を推進する拠点「Mold Future Space - OKINAWA」を沖縄県うるま市に開設した。

[MONOist]

 NTTデータエンジニアリングシステムズ(NDES)は2021年7月15日、ものづくりネットワーク沖縄(mdn)、Tongtai Machine & Tool(東台精機)と共同で、金型づくりの自動化を推進する拠点「Mold Future Space - OKINAWA(MFS-OKINAWA)」を沖縄県うるま市に開設した。

 MFS-OKINAWAでは、金型製造の最新技術「5軸加工技術の確立」、IoT(モノのインターネット)の活用による生産管理の最適化や異常検知、予防保全に向けた「工場の見える化」、ソフトウェアによる「操作の自動化」、設計から製造まで3Dデータを活用する「3Dデータベースでのものづくり」を推進する。

 第1段階として、NDESのシステム開発力や金型製造ノウハウ、東台精機の製造工程の自動化の知見、mdnの沖縄県内における製造技術向上およびエンジニアリング人材の育成経験など、それぞれの強みを生かして、加工時間短縮や高精度な加工方法を実現するための活動に取り組む。

 同拠点は、沖縄県うるま市にある、沖縄県金型技術研究センターに併設の素形材産業賃貸工場内に設置。NDESの3次元CAD、CAMシステム「Space-E」、東台精機の5軸工作機「GT-630」を設備として導入する。

キャプション 入居予定の素形材産業賃貸工場 出典:NDES

 NDESでは今回の協業に伴い、同社のSpace-Eと東台精機の5軸工作機「GT」シリーズ、MFS-OKINAWAで蓄積した加工ノウハウをセットにした新しいソリューションの提供を開始するとしている。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.