ニュース
» 2021年07月09日 08時00分 公開

単露光方式でダイナミックレンジが約8倍のCMOSイメージセンサー組み込み開発ニュース

ソニーセミコンダクタソリューションズは、セキュリティカメラ向け1.2分の1型4K解像度CMOSイメージセンサー「IMX585」を商品化する。同社従来品と比較して、単露光方式で約8倍のダイナミックレンジを有する。

[MONOist]

 ソニーセミコンダクタソリューションズは2021年6月29日、セキュリティカメラ向けに、1.2分の1型4K解像度CMOSイメージセンサー「IMX585」を発表した。同社従来品「IMX485」と比較して、単露光方式で約8倍のダイナミックレンジを有する。同年7月よりサンプル出荷を開始する予定で、サンプル価格は4400円(税込み)となっている。

キャプション 4K解像度CMOSイメージセンサー「IMX585」(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ

 同製品は、同社独自のプロセス技術を用いて画素サイズの制約下でも受光部を広面積化し、ダイナミックレンジを広く取る技術「STARVIS 2」を採用。撮影時のアーティファクト(HDRで動く被写体を撮影する際に生じるノイズ)を抑える単露光方式において、ダイナミックレンジが88dBに、多重露光方式では106dBとなった。

キャプション 「IMX585」と従来品との撮影画像比較(クリックで拡大) 出典:ソニーセミコンダクタソリューションズ

 さらに、受光部の光の入射面に凹凸を設けることで入射光を回折させ、非可視光である近赤外光の吸収率を向上させる独自のデバイス構造を用いている。これにより、近赤外領域における感度がIMX485と比較して約1.7倍となっている。夜間などでの暗い環境でも、高画質で撮影できる。

 パッケージは、20.0×16.8mmのセラミックLGAを採用。有効画素数は約841万画素で、ユニットセルサイズが2.9×2.9μm、フレームレートが10ビットで90fps、12ビットで60fpsとなっている。

 同じく単露光方式で88dBのダイナミックレンジを有する3分の1型2K解像度イメージセンサー「IMX662」も開発を進めており、2021年中のサンプル出荷を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.