ニュース
» 2021年07月12日 13時00分 公開

建設用3Dプリンタを用いた建設現場での円柱型集水桝の造形、埋設施工に成功3Dプリンタニュース

Polyuseは、前田建設工業との共同実証実験にて、建設用3Dプリンタを用いて老朽化した既設桝の取り換え工事を実施した。Polyuseの3Dプリンタ「ASHIGARU」を用い、建設現場で円柱型集水桝の造形、埋設施工に成功した。

[MONOist]

 建設用3Dプリンタを開発するPolyuseは2021年6月30日、前田建設工業との共同実証実験で、建設用3Dプリンタにより集水桝を造形し、取り換え工事を実施したと発表した。建設用3Dプリンタによる実利用土木構造物の現場造形と施工の成功例は「国内初」(同社)だとしている。

 同月上旬に行った実証実験では、Polyuseの建設用3Dプリンタ「ASHIGARU」を使用し、建設現場で円柱型集水桝を造形。造形した集水桝は水密性の試験に合格し、埋設施工まで実施した。併せて、構造上の耐久性向上や使用材料量の最小化、野外環境下での施工、構造物に側溝、排水管を接続し実利用を評価するなど、建設用3Dプリンタの社会実装を見据えた検証を行った。

3Dプリンタで円柱型集水桝を造形する様子 3Dプリンタで円柱型集水桝を造形する様子(クリックで拡大) 出典:Polyuse
埋設後の円柱型集水桝 埋設後の円柱型集水桝(クリックで拡大) 出典:Polyuse

 実証実験では、Polyuseの建設用3Dプリンタに関する技術力と、前田建設の専門的業界知見を融合することで、建設業界での建設用3Dプリンタの実運用を目指した。今後も建設用3Dプリンタの活用により建設業界へ貢献し続け、各企業間でのオープンイノベーションを加速していく。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.