ニュース
» 2021年07月15日 12時00分 公開

カスタムIoTシステムの試作開発を容易にするモジュール式プラットフォーム組み込み開発ニュース

ルネサス エレクトロニクスは、IoTシステム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売した。第1弾として、センサーモジュールとソフトウェアを提供開始し、カスタムIoTシステムの迅速な開発や試作に貢献する。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクスは2021年7月7日、IoT(モノのインターネット)システム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」を発売した。第1弾として、各種センサーモジュールとソフトウェア群の提供を開始し、カスタムIoTシステムの迅速な開発や試作に貢献する。

キャプション IoTシステム設計プラットフォーム「クイックコネクトIoT」(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 クイックコネクトIoTは、同社の「マイコン開発ボード」と、新たにDigilentと開発した拡張用I2C Pmodインタフェース「タイプ6A」を標準搭載した「小型ボード」で構成。Pmodをカスケード接続するなど、マイコン開発ボードとセンサーモジュールや通信モジュールとの組み合わせに柔軟性が生まれ、さまざまなセンシング、信号処理、通信機能を持つカスタムIoTシステムの構築と評価が容易になる。

 また、開発期間を短縮するため、統合開発環境「e2 studio」に各種センサー共通のソフトウェアAPI(Application Program Interfaces)とHAL(Hardware Abstraction Layer)を組み込み、数行のコードでセンサーを利用可能にした。

 今回は、空気質センサー、フローセンサー、温湿度センサー、生体センサーなどのPmodモジュールを発売。RA、RX、RL78ファミリーのスターターキットなど既存のマイコン開発ボードも、今回開発したインターポーザボードを利用してPmodタイプ6Aモジュールと接続できる。

 今後は、ToF(Time of Flight)測距センサーや周辺機器用のPmodを提供し、REマイコンとRZ MPU開発ボードにも対応する予定だ。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.