ニュース
» 2021年07月16日 15時00分 公開

疲労度を判定し、休憩時間を提案する吸入デバイスを開発医療機器ニュース

東北パイオニアは、蒸気化したカートリッジ内の成分を吸い込む、ブリージングデバイス「ZORN」を開発する。内蔵センサーにより疲労度を3段階で判定できるデバイスで、BREATHERより開発、製造を受託した。

[MONOist]

 東北パイオニアは2021年7月6日、BREATHERが販売する疲労度判定機能付きブリージングデバイス「ZORN」の開発、製造を受託したと発表した。

キャプション ブリージングデバイス「ZORN」 出典:東北パイオニア

 ZORNは、カートリッジから発生する蒸気から、香りなどの成分を吸い込むブリージングデバイス。指先が触れると、脈波を測定できるセンサーを内蔵している。脈波の測定結果は、3段階の疲労度として表され、状態に適した休息時間を赤、青、黄の異なる色のLEDで表示する。

 東北パイオニアでは、企画、設計、開発から組み立て、検査出荷までを担う受託サービス事業に取り組んでいる。今回、これまでの実績が評価され、ZORN全体の開発と製造を担当した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.