ニュース
» 2021年07月16日 09時00分 公開

環境試験をクリア、ispaceの月面着陸ミッションはフライトモデルの組立段階へ宇宙開発

ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定する。

[池谷翼,MONOist]

 ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。同プロジェクトの月面着陸ミッションで使用するランダー(月面着陸用宇宙機)の「熱構造モデル」の環境試験が完了して、フライトモデルの組み立てを開始したという。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定している。

各種環境試験をクリア

 HAKUTO-Rは「月面着陸」と「月面探査」を目的とする民間月面探査プログラムである。ispaceが独自開発したランダーとローバー(探査車)を用いて、米国スタートアップであるスペースXのロケット「Falcon 9」で打ち上げる。月面着陸ミッション(ミッション1)は2022年末、月面探査ミッション(ミッション2)は2023年にそれぞれロケットを打ち上げる予定だ。

HAKUTO-Rのイメージ図※出典:ispace[クリックして拡大]

 ランダーの最終モデルは2020年7月に発表されており、ispaceのエンジニアチームは実際の打ち上げを目指して各種環境試験に取り組んできた。そして今回ispaceは、ランダーに搭載する、宇宙環境下での機器の温度確認などを行う「熱構造モデル」について、振動試験、音響試験、熱真空試験をそれぞれクリアしたと発表した。

 振動試験では打ち上げ時にロケットのエンジンやブースターから発生する機械的振動と、宇宙空間に到達するまでの空気抵抗による振動への耐性を確認した。音響試験では打ち上げに伴い生じる振動の模擬試験を実施し、熱真空試験ではスペースチャンバーを活用して宇宙環境への耐性を確かめた。

左から、振動試験、音響試験、熱真空試験の実施画像※出典:ispace[クリックして拡大]

 現在はドイツのランポルツハウゼンにある、ロケット打ち上げ事業などを手掛けるアリアングループの施設でランダーのフライトモデルを組み立て中だという。

 HAKUTO-Rの打ち上げプロジェクトに関連して、ispaceはコーポレートパートナーとの協業も進めている。現時点でコーポレートパートナーとして参加しているのは、日本航空、三井住友海上火災保険、日本特殊陶業、シチズン時計、スズキ、住友商事、高砂熱学工業、三井住友銀行、SMBC日興証券の10社。

ispaceのコーポレートパートナー※出典:ispace[クリックして拡大]
ispaceの袴田氏※出典:ispace[クリックして拡大]

 例えばシチズン時計との協業では、同社が独自の加工技術などを用いて開発した「スーパーチタニウム」をランダーフライトモデルの着陸脚部に採用することが決まっている。また日本特殊陶業とは、月面での固体電池の実証実験を行う計画を進めており、すでに、宇宙空間を想定した環境試験をクリアしたフライトモデル電池の試作が完了したという。

 ispace 代表取締役の袴田武史氏は「米国のヴァージン・ギャラクティックが英国の実業家であるリチャード・ブランソン氏を乗せた有人試験飛行に成功したというニュースがあった。非常に大きな感銘を受けるとともに、当社も後れを取らないようにHAKUTO-Rをはじめとする宇宙開発のプロジェクトを進めていく思いを強くした。ただ、宇宙開発は簡単ではない。さまざまな困難があるとは思うが、注意深く準備を重ねて、着実にミッションの成功を目指す」と語った。

HAKUTO-R Lander for Mission 1※出典:ispace

⇒その他の「宇宙開発」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.