ニュース
» 2021年07月20日 10時00分 公開

車載規格AEC-Q100グレード1に準拠、4MビットFRAMの量産開始組み込み開発ニュース

富士通セミコンダクターメモリソリューションは、車載規格AEC-Q100グレード1に準拠した4MビットFRAM「MB85RS4MTY」の量産を開始した。+125℃動作に対応した不揮発メモリで、ADASや高性能産業用ロボットに適する。

[MONOist]

 富士通セミコンダクターメモリソリューションは2021年7月6日、車載規格AEC-Q100グレード1に準拠した4MビットFRAM「MB85RS4MTY」の量産開始を発表した。動作温度は+125℃まで対応し、高温環境下での高い信頼性を必要とする先進運転支援システム(ADAS)のほか、高性能産業用ロボットにも適する。

キャプション 4MビットFRAM「MB85RS4MTY」 出典:富士通セミコンダクターメモリソリューション

 動作電源電圧は1.8〜3.6V、動作周波数は最大50MHz、動作電源電流は最大4mA、動作温度範囲は−40〜+125℃。SPIインタフェースを搭載し、書き込みおよび読み出し保証回数は10兆回となる。リード無し8ピンDFNパッケージで提供する。

キャプション +125℃動作FRAMのラインアップ 出典:富士通セミコンダクターメモリソリューション

 FRAMは、高書き換え耐性、高速書き込み、低消費電力を特徴とする不揮発性メモリだ。EEPROMやSRAMからFRAMへ置き換えることで、開発負担の低減、製品の高性能化、コストの削減が期待できる。

キャプション ユーザーの課題と解決案 出典:富士通セミコンダクターメモリソリューション

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.