ニュース
» 2021年07月21日 13時00分 公開

DLP方式光造形3Dプリンタ用UV光エンジンを開発・製造するIn-Visionと業務提携3Dプリンタニュース

コーレンスは、DLP方式光造形3Dプリンタ用UV光エンジンを開発、製造するオーストリアのIn-Vision Digital Imaging Opticsとの業務提携を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 コーレンスは2021年7月15日、DLP(Digital Light Processing)方式光造形3Dプリンタ用UV(紫外線)光エンジンを開発、製造するオーストリアのIn-Vision Digital Imaging Opticsとの業務提携を発表した。

In-Vision Digital Imaging Opticsが2020年秋に市場投入したUV光エンジン「HELIOS」 In-Vision Digital Imaging Opticsが2020年秋に市場投入したUV光エンジン「HELIOS」 ※出典:コーレンス [クリックで拡大]

 In-Vision Digital Imaging Opticsが2020年秋に市場投入したUV光エンジン「HELIOS」は、一般的なUV光エンジンの2倍以上に相当する60Wの照射強度を誇り、同エンジンを搭載した光造形3Dプリンタでは、造形面において最高12Wの照射強度が見込めるという。

 従来のDLP方式光造形3Dプリンタはスループットの低さが課題となっていたが、同エンジンと国内メーカーが提供する高速光硬化樹脂を組み合わせることによって、造形面が大きく、スループットの高い、量産適用可能な産業用3Dプリンタの開発が加速するとしている。

UV光エンジン「HELIOS」の製品仕様 UV光エンジン「HELIOS」の製品仕様 ※出典:コーレンス [クリックで拡大]

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.