ニュース
» 2021年07月21日 07時30分 公開

ABBがASTIを買収、“移動するロボット”でマスカスタマイゼーション実現へ協働ロボット

スイスのABBは、自律移動型ロボット(AMR)を展開するASTI Mobile Robotics Group(以下、ASTI)を買収することを発表した。ASTI買収により、ABBの持つロボティクスや自動化関連ソリューションのポートフォリオにAMRを加え、次世代のフレキシブルオートメーション実現を目指す。

[三島一孝,MONOist]

 スイスのABBは2021年7月20日、オンラインでグローバルプレスイベントを開催し、無人搬送車(AGV)や自律移動型ロボット(AMR)を展開するスペインのASTI Mobile Robotics Group(以下、ASTI)を買収することを発表した。ASTI買収により、ABBの持つロボティクスや自動化関連ソリューションのポートフォリオにAMRを加え、次世代のフレキシブルオートメーション実現を目指す。

photo ABBのロボティクスとASTIのAMRを組み合わせて新たな自動化を実現(クリックで拡大)出典:ABB

 1982年に設立されたASTIは、スペインのブルゴスに本社を置き、スペイン、フランス、ドイツに300人以上の従業員を抱えているAGVやAMRの専門企業である。自動車や物流、食品・飲料、医薬品などの幅広い業界で20カ国にわたり、多くのAGVやAMRを導入している。2015年以降、年間30%近い成長を続けており、2021年には約5000万ドル(約55億円)の収益を目指しているところだ。

photo ASTIのモバイルロボット(クリックで拡大)出典:ABB

 ASTIが展開するAMRのポートフォリオには、自律走行型のけん引車、対人輸送ソリューション、ユニットキャリア、ボックスムーバーなどがある。その他、車両のナビゲーションや制御、フリートや注文の管理、クラウドベースのトレーサビリティーシステムなど、管理システムから制御システムまで一連のソフトウェアもまとめて開発していることが特徴だ。

 今回の買収により、ABBが展開するロボット、マシンオートメーション、モジュラーソリューションと連携し、移動と作業の自動化を一元的に実現できる環境を目指す。また、ABBのシミュレーションおよびプログラミングツールである「RobotStudio」を含むソフトウェアスイートを統合し、設定や導入なども含めた包括的な利便性を実現する方針である。今後は、自動車、食品・飲料、消費財などの製造業に加え、物流、Eコマース、小売、ヘルスケアなどの新たな成長分野において導入を進めていく。

photo ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネス プレジデントのサミ・アティヤ氏

 ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネス プレジデントのサミ・アティヤ(Sami Atiya)氏は「ASTIのAMRに関するポートフォリオは重要なキーパーツだ。今回の買収により、ABBは生産から物流、最終消費地に至るまで、AMR、ロボット、マシンオートメーションソリューションという一連の工程を全てカバーするポートフォリオを提供できるようになる。これは消費者ニーズが多様化する中で製造業に求められる次世代のフレキシブルオートメーションを実現する上で重要なものとなる」と買収の意義について語っている。

photo ABBとASTIによるポートフォリオのカバー範囲(クリックで拡大)出典:ABB

「協働ロボット」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.