ニュース
» 2021年07月27日 07時00分 公開

中国にフォークリフト向け油圧ギヤポンプとコントロールバルブの新工場建設工場ニュース

島津製作所の中国子会社である天津島津液圧が、フォークリフト向け油圧ギヤポンプとコントロールバルブの製造工場を建設した。2021年10月に全面稼働予定で、2022年度には油圧ギヤポンプの年間生産台数が30万台になる見込みだ。

[MONOist]

 島津製作所は2021年6月30日、中国子会社の天津島津液圧(TSH)が、フォークリフト向け油圧ギヤポンプとコントロールバルブを製造する新工場を建設したと発表した。同年6月28日に天津市の西青経済技術開発区で竣工式を開催し、全面稼働は同年10月を予定している。

キャプション 新工場の外観 出典:島津製作所

 新工場は一部が2階建てで、延床面積は約1万7000m2、敷地面積は約2万4000m2となる。2000万ドル(約22億円)を投資し、年間生産能力は油圧ギヤポンプが50万台、コントロールバルブが20万台。2022年度には、油圧ギヤポンプの年間生産台数が、2019年度の2倍となる30万台になると見込んでいる。

 コロナ禍から経済が回復中の中国では、物流量が増大しており、物流業務に必要なフォークリフト市場の成長も加速している。TSHは新工場の建設により、需要が高まる油圧ギヤポンプとコントロールバルブを増産し、需要増に対応していく。

 また、排ガス規制の強化により電動化の加速が予想される中国市場で、低消費電力かつ低騒音などの付加価値を持つギヤポンプやコントロールバルブの提供を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.